肌断食(33歳くらい・女性)

生まれつき肌が薄いです。大きな原因は、1歳半から24歳までアトピー性皮膚炎を患っていた(完治済)ことが原因ではないかと思います。アトピー性皮膚炎が完治した後も、団地の自治などで草刈りをするとあっという間に、肌が薄いためか負けてしまい大惨事になります。その他、専業主婦になる前に仕事をしていたころはストレスが多くて肌の薄いところがアッと今に爛れてしまい苦労しました。普通は中学生くらいになるとお化粧や髪の毛を染めたりすることに興味が出るはずなのですが、肌が薄いために全く興味がわきませんでした。このためお化粧できずに社会人になってしまい、興味本位で化粧品にまみれた手で先輩社員に「化粧もしないで社会人としてあり得ない」と無断で顔を触られて爛れてしまったこともあります。その後、精神的なストレスで爛れた皮膚が元に戻らずに大変でした。生活環境が変わっても、その場所が誇りにまみれていたりするとハウスダストで肌がやられてしまいます。

肌が薄いと、気温の変化等ですぐに顔が赤くなり誤魔化しがききません。特に人前に立っている時や、説明を行わなければならないときに、顔が赤くなり困ってしまいます。そのほかに、美容院に行った時にもシャンプーや液剤が顔に当たらないように注意してもらっています。一番困ったのが、頬に液剤が当たってしまったことがあるのですが、当たった場所を適当に拭き取られて「意識しすぎですよ」と笑われてから5分後、見る見るうちに患部が腫れあがり爛れたこともあってお店側が謝罪したりその後の対応が大変でした。仕事でも、お化粧をしていけないので何度もお局様に「社会人としてなってない」「アレルギー対応の化粧品があるはずで、努力が足りない」等の苦情をねちねちとやられ、それがストレスになって顔が爛れてしまったこともありました。

肌を厚くするために、まずは食生活の改善を意識しています。朝ご飯は、体を温めるためにスープやみそ汁を必ず飲むようにしています。その際には、根野菜をしっかりとみそ汁に入れておくようにしています。そのほかにも、海藻類や寒天やこんにゃくなどで腸内環境を整えるように心がけています。夕食は、生姜を必ず入れるようにしています。そして、魚介類や豚鶏肉でたんぱく質を補給するようにして、体の中から肌を補強できるように心がけています。肌が爛れてしまった時には、特に肌が薄くなってしまったんだと意識して甘いものを減らしたりもしています。アトピー性皮膚炎を患っていたころに、この食生活を始めてから薄い肌が少しずつ厚くなってきて効果が出ている気がします。