オリーブオイルパック(30代・女性)

20代までは肌トラブルは全くなくて、周りの人から肌がキレイと褒められていました。でも転職してストレスが溜まり、寝不足の生活スタイルになった途端、めちゃくちゃ肌荒れしました。ニキビがたくさんできた時に、市販の薬を塗り続けていたら、なんだかとても肌が薄くなったような気がしました。20代後半になると乾燥しやすくなり、メイクも浮いてしまうほどで、本気でやばいと思いました。精神的なストレスは職場の人間関係が原因で、たばこを吸うようになって、さらに肌がビタミン不足を起こすようになったのです。肌はバリバリに乾燥して痛痒いし、それを同僚にからかわれて落ち込み、さらに肌へのコンプレックスが大きくなりました。

メイクのノリがものすごく悪くなり、1時間くらい経つとヨレはじめます。肌に刺激が少なくてUVケアもできる、クッションファンデしか使えなかったです。下地やクリームファンデなど、何度も重ねぬりするような、凝ったメイクは一切できないので辛かったですね。それまで普通に使えていた基礎化粧品は全部だめで、皮膚が薄いぶん、刺激が超強くなってしまいました。冬場など乾燥が激しい季節は、化粧水だけでもヒリヒリして赤くなりました。肌の層が薄いと保湿力が落ちるため、1日中、顔のパリパリ感があり、ひたすら保湿スプレーを吹きかけていました。

オリーブオイルが肌を強くすると聞いたことがあって、スーパーで食用のものを購入しました。入浴後に化粧水を塗り、その後にオリーブオイルをたっぷり顔面につけて、ラップで巻く即席パックの方法です。天然の美肌成分が肌に浸透して、続けるうちに乾燥肌が治まるのを期待していました。最初は乾燥しすぎているせいか、化粧水となじまなくて、オイルがベタベタして気持ち悪かったです。もうダメかなと諦めかけていた頃、タイミングが違うことに気づきました。いきなり肌にオイルをつけることに抵抗を感じていたのですが、本来そのほうが効果的だと分かったのです。それで、メイク落としをした直後のすっぴん肌に、オリーブオイルを塗って、乾燥しやすい顎や額あたりをマッサージしました。あれほどベタベタしていたオイルが、すーっとなじむようになり、日に日に肌の層が厚くなっていくのを感じたのです。肌の層が厚くなった証拠は、化粧水が浸透しやすくなったこと、メイクよれが起こらなくなったことがポイントでした。